スポンサーサイト

0
    • 2017.07.15 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    猫のこと

    0

      前回の更新からはや1年と2か月……。

       

      2年前に うちに迎えた猫について、

      そのときお世話になったボランティアのかたに

      仲よくやってます、と報告のメールを送りました。

      そのとき添付した写真をぺたり。


      最近のリリースとオンエア

      0

         

        ゴールデンウイーク明け。ここで書いておかねばまた半年とか経ちそうなので、最近のリリース、オンエアについて、まとめて。

         

         

        今やその名を知らぬひとのないトップアイドル、ももいろクローバーZの主演映画「幕が上がる」の主題歌、「青春賦」の詞を書かせていただきました(311日キングレコードよりリリース)

        私にとっては、こつりこつり書き続けてきた子どもの歌と合唱曲、J-POP、それからアニメ・特撮ソングの仕事のご縁が最も幸福な形で つかねられた作品で、たくさんの方に聞いたよと声をかけてもらったり、いい歌だねとほめてもらったり、街なかでふと耳にしたり---。現在進行でほくほくとうれしい日を過ごしています。

        先日は、映画「幕が上がる」のライブビューイング(映画+ライブ+トークのイベントがあったのです)に続き、彼女たちが映画に続いて主演をつとめる演劇版の「幕が上がる」を観てきました。彼女たちの成長の速度に驚きひたむきさに撃たれ、客席のファンの熱い気持ちに感じ入り、なんだか「よし俺も」とうなずきうなずき帰ってきました。


         

         ももいろクローバーZ「青春賦」

        *****

        子どもの歌では、

        NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の5月の歌として、「シール☆ハレハレ」が今オンエアされています。テーマはタイトル通り子どもたちが大好きなシール遊びですが、お母さんにとっては「そんなところに貼らないで」な悩みのタネでもあり…。本作では、シールをペタペタはる楽しさを前面に打ち出しつつ、ギリ守らなくてはならないマナーも伝えられたらと試行しました。どうか、たくさんのこどもたちに、そしてお母さんお父さんに楽しんでもらえますように。

        かわいらしい曲は、5年前に「ジューキーズこうじちゅう!」でもコンビを組ませていただいた大橋恵さん。アニメーションは、えーと、じゅ、13年前、2002年の「おてんきじどうはんばいき」でごいっしょした西内としおさんです。西内さんイラストの「シール☆ハレハレ」シール、せつにほしいです。

         

        *****

        アニメ特撮ラインの仕事では、

        今月520日に、ユーザーのべ2500万人(!!!)突破というゲームアプリ「モンスターストライク」の初CD、「ヒッパレ!モンスターストライク」がランティスよりリリースされます。ゲーム内で流れるフレーズを基にした曲に「モンスト」世界で生き抜く勇者の姿を載せて、ゲームを熱く盛り上げます。歌唱は影山ヒロノブさん。以前ご一緒した歌は「哀愁のヨーロッパバイソンやねん」「煩悩変形!キバイダー」とかなりのクセ球でしたので(もちろんそれも超絶幸福な仕事でした!)、ついに王道ヒーローソングで!と滾りました。

        カップリングの「worst end of the world」は、悪の側からモンストの世界を歌った歌で、歌唱は「ガオレンジャー吼えろ!」の山形ユキオさん。その黒い熱い咆哮っぷりたるや!!もう、もう。
        ちなみにモンスターストライク、本当に面白いゲームでどハマりし、睡眠時間的にエラいめにあいました。

         

        ヒッパレ!モンスターストライク
         

        *****

        特撮で1曲。

        テレビ朝日のことしのスーパー戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の、等身大での戦闘中に流れるアクション曲「ギンギラニン!ニンニンジャー」を書かせていただきました(429日発売の「ミニアルバム 手裏剣戦隊ニンニンジャー(1)」に初収録)

        作曲は、そのニンニンジャーの主題歌を担当され、私にとっては ももいろクローバーZ「宙飛ぶお座敷列車」や、アニメ・テニスの王子様「突撃!月刊プロテニス」シリーズなどなど、などでお世話になっている佐藤晃さん。「ギンギラニン〜」もまさにアクション曲な疾走感で、詞をはめるのが、さても楽しゅざいました。


        ミニアルバム 手裏剣戦隊ニンニンジャー(1)

        *****

        アイドルの歌で、もうひとつ。

        鉄道アイドル、ステーション♪の325日発売のセカンドアルバム「駅」に、2012-14年にかけて半ば押し売りで書かせていただいた7曲が収録されました。

        テレビ東京のアニメ「トレインヒーロー〜再起動〜」のエンディングテーマとなった「ラッシュアワー!!!」や、全国津々浦々の名物駅を織り込んだ「ワンダージャパン@ステーション♪」、電車の連結を人の繋がりになぞらえたアッパーチューン「TRAIN=TRAIN=TRAIN=TRAIN」など、いずれの曲も鉄道ネタをモチーフにしています。私の書いた7作の作曲はすべて松浦雄太さん。まだ20代半ば、なのに持ち球多く、いま様々なジャンルで実績を重ねてらっしゃいます。いいなあ。

        もとい。メジャー展開の一歩手前でがんばっている彼女達、ステーション♪ともまたご縁が生まれますように


        ステーション♪「駅」


        ふーーーー。


        猫のこと

        0
          猫を看取って、まる2年。
          この夏、大人の猫を一匹 迎えました。
          多頭飼い崩壊の家から愛護センターに収容されていた猫で、
          年齢はざっくり10歳くらいとのこと。
          とにかく怖がりで、家に来た初日は、
          積まれた本と本の間に顔を深くつっこんで、
          “じぶんはこんな怖いところ知らない”と固まったまま。
          その後も近づけば逃げる、手を伸ばせば逃げる、で数週間。
          すこし慣れてきたのちも、
          ごはんを置いてもすぐには近づかず、1分、2分経って
          やっとおずおず食べ始めるし、
          水を飲んでいるところにうっかり通りかかると、
          びゅん、と慌てて逃げてゆく。

          そんな猫も5か月たって ようよう慣れて、
          ぼくが座っているそばに来て、背中やらお腹やらあごやらをかけ、と、
          にゃーにゃー言うようになった。ふふふ。

          まあ、こっちから寄っていくのは相変わらず怖いようだし、抱っこも嫌い。
          3日に1ぺん、むこうから近づいてきたときにひょいと抱っこし3カウントですかさずおろし、
          そのまま背中マッサージでごきげんをとるのが専らの作戦だ。

          いやま、とにかく
          家の中にあったかくて伸びたり縮んだり丸まったりする生き物がいるのは、いい。

          名前は、七夕にきたからバタコはどうだろう、などいろいろ試したけれど、
          楽な発音で呼びかけの回数をかせごうということで、フー、に落ち着きました。

           

          calendar
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << December 2018 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM